食べ過ぎると免疫力が低下する

日本は食物が豊かなので普段からお腹一杯食事をしている人が多いと思います。実際に普段の食事でもお腹一杯食べているという人も少なくないのではないでしょうか。

ただ暴飲暴食のようなことを続けているとどうしても体調が悪くなってくると思います。私も経験があるのですが、暴飲暴食で食生活が乱れている時って体調を崩しやすいんですよね。

実際に食べすぎなどによって体調が悪くなるということはありえるのでしょうか?まあ、食べすぎでお腹が苦しかったり、お腹が痛くなるということはあると思いますが、食べ過ぎによって風邪を引きやすくなるということは因果関係がないように感じますよね。

食べすぎが体調に影響を与える大きな原因として挙げられるのが、食べすぎによって血液が汚れるからだと言われています。

食べ過ぎるとその分だけ栄養が多くなりますが、それが自分の体の許容量を越えてしまうと、それが体に吸収されずに血液に溢れるようになってしまいます。

そうなると血液の中の白血球がそれらの処理に追われるようになってしまって、体の免疫力がその分だけ低下してしまうということです。

若いときには暴飲暴食をしても何となく翌日には普通に過ごすことができますが、年齢を重ねてくるとこういった食べすぎなどの暴飲暴食は翌日まで尾をひいてしまいます。

ある程度の年齢になったら、むしろ若干小食くらいの方が健康には良いとされています。任意整理の無料相談可能な弁護士事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ