皮膚科の育毛剤は市販の育毛剤とどう違うのか?

育毛剤と聞くとドラッグストアなどの市販の商品が一般的ですが、薄毛治療は皮膚科などでも行われています。

皮膚科などでの薄毛治療では当然薄毛に対応した育毛剤のようなものが処方されてきます。実際に現在ではテレビや雑誌などを見て薄毛治療が病院でもできるということが広まってきています。

そのためどんな治療なのか、あるいは市販の育毛剤とは違う、皮膚科の育毛剤とはどのようなものなのか興味のある人も多いと思います。

薄毛で悩んでいる人はすでに市販の育毛剤を利用している人も多いかもしれないですが、やはり皮膚科で処方される育毛剤は医薬品なので効果が違ってきます。

効果が高いとされているミノキシジルよりも高濃度で配合されているような効果が非常にある育毛剤もありますが、こういったものは医薬品になるので医師からの処方が必要になります。

血行促進効果が高いため高血圧の人には使えないなどの副作用から医師の処方が必要ということです。

効果の高い育毛剤の場合には基本的に何しかしらの副作用があるのものです。

最近だとHARG(ハーグ)療法という薄毛対策の方法が注目されています。HARG療法は、医療機関での育毛治療になっており、画期的な治療法で、何をやっても効果が得られなかった人でも喜びの悲鳴を上げている人も多いです。化粧品のおすすめトライアルセット

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ