体外受精で不妊治療

不妊治療に興味のある人も多いのではないでしょうか。不妊治療の中には体外受精という方法がありますが、具体的にどれくらいの確率で妊娠するのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

体外受精と聞くと何となく非常にハードルの高い不妊治療というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

そもそも一般的によく行われているタイミング療法という一番基本的な不妊治療の方法の成功率が3パーセントくらいだと言われています。

もちろんこういった不妊治療の成功率というのは年齢によって大きく差がでてくるので、あくまでも参考値ではありますが、そこまで高くないです。

次にタイミング療法の次に行われているというのが人工授精という方法で確率は7パーセントくらいだとされています。

そして体外受精の成功率は35パーセントくらいだとされています。こうして見ると非常に体外受精の成功率が高いということがわかると思います。

まあ、体外受精は不妊治療の最終的な方法なのである意味では当然と出でるかもしれないですね。

ただ年齢によって確率が大きく違ってきており、25歳ごろには40%ほどある成功率が、35歳で35%、38 歳で30%、40歳で20%以下、45歳では約5%という感じになるので、早めの不妊治療が大事だということが理解できます。債務整理おすすめ法律事務所

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ